一級建築士事務所 イン・エクスデザイン 



■project 門戸厄神の
ガレージハウス


□concept  

道路面から≒80cmレベル差を持つ敷地の間口は4.6m 奥行き12.6m というものでした。

ここでガレージハウスとなる必要ボリュームは必ず3層を要しますが厳しい高さ制限も受けます。
1階は木質耐震フレームを連続的に挿入しガレージ+アプローチ空間を形成しています。
敷地中央で本来の地盤面である+800のレベル部の空間をエントランス+水廻り空間としました。
この時生じた0.3階分の垂直方向のズレをそのまま2階のスキップフロアーとして採用しています。

第一種低層住居専用地域内の厳しい高さ制限と、間口の狭い敷地の中で1階ガレージ部の耐震性を複合的に解くことを必要とするプロジェクトになりましたが、出来上がった住空間は立体的に変化を持ちながら連続した唯一無二なものになりました。

→計画時

□用途

専用住宅
□構造規模 木造地上3階建
□建築地 西宮市
□敷地面積   74.37㎡
□建築面積   43.96㎡
□延床面積  123.60㎡
□施工 (株)山本安工務店
□photo 平野和司
□竣工 2016
<back to works top