一級建築士事務所 イン・エクスデザイン 



■project 中山の住宅
□concept  

3区画分譲地の最奥部の東西に長い敷地は近い将来、手前2区画の建物によってそのほとんどが見えなくなるということが容易に想像されました。
この住宅には家族(個人)のための個室はありますが、いわゆる玄関や廊下がありません。
アプローチよりガレージ内のポーチに近ずくと扉が側面に現れます。
振り向いてこのドアを開けると、広い土間空間があり、ここには階段や2階への吹抜けを持ったボリュームが配されておりダイニングやリビングと連続しています。
同時に南を望むと敷地の東西の幅いっぱいに配された庭を含んだ空間を感じることができます。
さらに進むとスキップフロアーには和室があり、そこからもガレージの車や庭、土間空間を見ることができます。
つまり住居の内部空間と半屋内のガレージやアプローチ、屋外の庭が途切れることなく一繋がりの空間として計画されています。

□用途 専用住宅
□構造規模 木造2階建
□建築地 宝塚市
□敷地面積 212.47㎡
□建築面積 81.10㎡
□延床面積 120.02㎡
□施工 アクトホームズ
□photo Kazushi Hirano
□竣工 2005
<back to works top