一級建築士事務所 イン・エクスデザイン 



■project Harley house

■上棟しました。

平入り屋根の2階建てのボリュームが現れました。
軒やケラバの出は景観条例により必要とされますが、1階の下屋部分が今後、印象的に張り
出てきます。


庭から道路側の見返し
道路より大きな軒下を通り抜ける事が出来る動線が見えます。


吹抜けより庭を見る
この写真ではまだ上部が写っていませんが、勾配屋根の形状がそのまま吹抜け天井の
カタチとなります。
最高で6.3mの吹抜け空間です。


その吹抜けに架かるブリッジです。
右側の吹抜けには階段が取り付き、左側の吹抜けはこのままです。


ブリッジを別の角度から
1階には階段のササラのスチールプレートが搬入されています。
これ1本で階段を支えることになります。



■実施設計完了時のモデル

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


□concept  

多くの場合、住宅の中心にはリビングやダイニングが設定されますがここではもう一つの主題が展開されます。
愛車ハーレーのためのギャラリー空間とそれに向けて開放されるワークスペースが計画されています。
またリビングの吹抜け空間には2階の個室空間を繋ぐためのブリッジが架けられています。

Key words
・ワークルーム
・ハーレーダビッドッソン
・吹抜けに架かるブリッジ

   
   
   
   
□用途 専用住宅
□構造規模

木造2階建

□計画地 京都市北区
□計画年 2011
□竣工予定 2012
<back to projects top