一級建築士事務所 イン・エクスデザイン 



■project ケーススタディーハウス-3
□concept  

”みんなの見える家”

29坪の土地に建つ3階建てのコンパクトな2世帯住宅の提案
都市部での2世帯住宅は厳しい建築面積の制限の中での計画を強いられることが多く間取りのパズルを成立させることがやっとといったケースも少なくない。
この計画ではそんな100㎡に満たない敷地で2台駐車を確保した2世帯住宅のケーススタディーを行った。
両親の世帯が1階に、施主世帯が2、3階となる生活空間の配置であるが、もうひとつのコンセプトとして家の外側でもみんなの気配が感じられる関係を意識した。
1階の両親スペースとその庭は2階のテラスと視覚的に繋がり、さらに奥にあるダイニングやリビングとの繋がりも認識できるように配されています。
コンパクトであるが故、程良い距離感と皆の気配が同時にあることを大事にした住空間です。

この住宅は ”建築家がデザインする一千万円台の住宅=Sen+”という企画と提携しています。

□用途 専用住宅
□構造規模 木造3階建
□建築地
□敷地面積

96.00㎡(29.04坪)

□建築面積

48.03㎡

□延床面積 104.33㎡
□施工
□photo  
□リンク エスリンク
<back to works top